新羅

【善徳女王】トンマンまで70歩…ユシンの月城とピダムの明活山城は今も残っている

先日、韓国最古の史書『三国史記』新羅本紀の真平王から武烈王までと、列伝の金庾信(上)を読む機会がありました。同じ頃、MBCドラマ『善徳女王』を見ていたため、史実とドラマが頭のなかでリンクしました。また先月、新羅の都があった慶州の遺跡めぐりを行ったことで、史実とドラマ、さらに遺跡がリンクしました。今回は『善徳女王』の最後を飾るピダムの乱と、ピダムの乱に登場するふたつの城を紹介したいと思います。 善徳 […]

【韓国古代山城ツアー2018後編】弾琴台土城・温達山城・赤城・赤城碑・中原高句麗碑

韓国古代山城ツアーの備忘録・後編です。前編はこちら。 【韓国古代山城ツアー2018前編】井北洞土城・父母山城・三年山城・姑母山城 忠州弾琴台土城 三日目。 この日は、ホテルの朝食ビュッフェでスタート。チェックアウト後、忠州に向かいました。 最初に訪れたのは、弾琴台土城。ここは古代の城であり、1592年4月28日、小西行長率いる日本軍と申砬(シンリプ)率いる朝鮮軍が激戦を繰り広げた古戦場でもあります […]

【韓国古代山城ツアー2018前編】井北洞土城・父母山城・三年山城・姑母山城

空前の城ブームと言われる昨今。 これまで、戦国時代から江戸時代初頭にかけて築かれた城が注目を集めてきましたが、近年、一部の城マニアの間で、古代の城や幕末の城が注目され始めています。 2年前から、古代山城オフ会と称して、朝鮮式山城・神籠石式山城を見学する城めぐりツアーを行なってきました。これまでに、大廻小廻山城・鬼ノ城(岡山県)、讃岐城山城・屋嶋城(香川県)、基肄城・大野城・水城(福岡県)、播磨城山 […]

大伽耶の王都・高霊の主山城の築城主体は大伽耶?新羅?

慶尚北道高霊郡の主山城を訪ねました。城歩きの前に、まずは大伽耶博物館へ。この日は特別展「高霊の瓦」開催中でした。 ▲高霊の山城の瓦片(大伽耶博物館) 常設展では、大伽耶に関する展示を中心に古代から近代までの高霊の歴史を学ぶことができます。大伽耶のいろんなものが日本の遺跡で見つかり、倭のいろんなものが高霊の遺跡で見つかっているようです。もっとも印象に残ったのが、高霊の池山洞古墳群で見つかった夜光貝の […]

安羅伽耶の王都・咸安の城山山城の築城主体が新羅だった件

▲城山山城遠望 城ガール隊のOgiさんと一緒に慶尚南道咸安郡の城山山城を訪ねました。城山山城は周長1400mの石築山城で、大量の木簡が出土した城として知られています。 慶南咸安の城山山城などは当初は安羅国の王宮とそれを守る城だと思われていたが、一九九一年からの発掘調査の結果、大量の木簡が出土し、六世紀に新羅がこの地域に進出した時、支配拠点として築いた城とわかった好例である。城山山城では新羅の城壁工 […]

イムジン河沿いの城を訪ねて④七重城

堂浦城、瓠蘆古壘、無等里2堡塁は臨津江の北側にありますが、こちらの城は南側にあります。 車を降り、5分ほど歩くと案内板が。堂浦城や瓠蘆古壘のような三角形の城ではありません。 城内には、ところどころ石築城壁が残っています。 この城の最高所は現在も軍事施設として利用されているようです。私たちが訪れた時も軍人がいて、何かをしていました。韓国の場合、軍の施設に勝手に入ると逮捕される可能性があります。そのた […]

本場・韓国の朝鮮式山城は凄かった②三年山城

鶏足山城見学の翌日。 大田市外バスターミナルからバスに揺られて約一時間半。三年山城の近くにある報恩市外バスターミナルに到着。想像通りのどかな町で、バスターミナルも簡素なものでした。バスターミナルを出てタクシーに乗ること約10分。西門に到着。 西門を入ったところにガイダンス施設があり、お願いすると、ボランティアガイドさんに案内してもらえるようです。また、ここでパンフレットをいただくことができました。 […]

本場・韓国の朝鮮式山城は凄かった①鶏足山城

天智天皇2年(663)倭・百済連合軍は、白村江の戦いで唐・新羅連合軍に敗北。その後、中大兄皇子は、唐・新羅連合軍の侵攻に備え、北部九州から瀬戸内海にかけて城を築かせました(『日本書紀』)。その築城には百済の将軍たちが携わっており、それらの城は現在、朝鮮式山城と呼ばれています。 そんな朝鮮式山城のルーツを求めて、古代山城マニアの方々が絶賛する三年山城を訪れました。その前日、大田広域市の鶏足山城を訪れ […]