京畿道

倭城?朝鮮式山城?日本式石垣が残る竹州山城

城ガール隊のkuroさんと一緒に、京畿道安城市の竹州山城を訪ねました。 ▲内城 この城は、忠州と清州を結ぶ内陸交通の要衝にあり、高麗時代には、蒙古軍と激しい戦いが行われました。余談ですが、韓国を代表するインスタントラーメン「安城湯麺」を作る工場が、ここ安城にあるそうです。 ▲内城北門(上が外から、下が内から) 出入口は内甕城、日本の中世城郭でいう内枡形状になっています。 ▲外城 このように、石築城 […]

イムジン河沿いの城を訪ねて④七重城

堂浦城、瓠蘆古壘、無等里2堡塁は臨津江の北側にありますが、こちらの城は南側にあります。 車を降り、5分ほど歩くと案内板が。堂浦城や瓠蘆古壘のような三角形の城ではありません。 城内には、ところどころ石築城壁が残っています。 この城の最高所は現在も軍事施設として利用されているようです。私たちが訪れた時も軍人がいて、何かをしていました。韓国の場合、軍の施設に勝手に入ると逮捕される可能性があります。そのた […]

イムジン河沿いの城を訪ねて③無等里2堡塁

こちらは、高句麗時代のものと推定される鉄の鎧が出土した城として知られています。 京畿道漣川で鎧発掘…高句麗時代のものと推定(2011年05月18日中央日報) 堂浦城、瓠蘆古壘のような三角形の城ではありません。 城の東には臨津江が流れています。 こちらは石築城壁でしょうか。 堀切と思われる空堀もあります。 この空堀の先にはもうひとつ堡塁があるようです。こちらも臨津江沿いに築かれた高句麗堡塁のひとつで […]

イムジン河沿いの城を訪ねて②瓠蘆古壘と広開土王碑

堂浦城とよく似た城といわれる瓠蘆古壘を訪れました。 駐車場に到着後、城に向かって歩くと…なんと広開土王碑が立っているではありませんか! 広開土王こと好太王は、4世紀末から5世紀初頭に活躍した高句麗の王です。私たち日本人には馴染みのない人物ですが、韓国時代劇『太王四神記』でペ・ヨン ジュンが演じたタムドクといえば、ピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。宝塚歌劇団ではミュージカル『太王四神記 […]

イムジン河沿いの城を訪ねて①堂浦城

「イムジン河 水清く〜♪」 ブログのタイトルを見て、あの名曲を思い浮かべた方もいらっしゃるのではないでしょうか? フォーク・クルセダーズの「イムジン河」は、北緯38度線で分断された朝鮮半島の哀しみを歌った曲(原曲は北朝鮮のプロパガンダ曲)です。 イムジン河は、正しくは臨津江(韓国語読みイムジンガン、朝鮮語読みリムジンガン)といい、韓国と北朝鮮の南北軍事境界線の南を流れる川です。先週、その臨津江沿い […]