【古代山城の旅2016】大廻小廻山城・鬼ノ城・讃岐城山城・屋嶋城

2016年、古代山城好きの城ガール隊の方々と一緒に、岡山県と香川県の古代山城をめぐりました(第1回古代山城オフ会の備忘録です)。 現在、所在が確認されている23の古代山城のうち『日本書紀』など史書に記載がある古代山城は朝鮮式山城(ちょうせんしきさんじょう)、記載がない古代山城は神籠石系山城(こうごいしけいさんじょう)と呼ばれています。今回訪れたのは、朝鮮式山城の屋嶋城と、神籠石系山城の大廻小廻山城 […]

【善徳女王】トンマンまで70歩…ユシンの月城とピダムの明活山城は今も残っている

先日、韓国最古の史書『三国史記』新羅本紀の真平王から武烈王までと、列伝の金庾信(上)を読む機会がありました。同じ頃、MBCドラマ『善徳女王』を見ていたため、史実とドラマが頭のなかでリンクしました。また先月、新羅の都があった慶州の遺跡めぐりを行ったことで、史実とドラマ、さらに遺跡がリンクしました。今回は『善徳女王』の最後を飾るピダムの乱と、ピダムの乱に登場するふたつの城を紹介したいと思います。 善徳 […]

【韓国古代山城ツアー2018後編】弾琴台土城・温達山城・赤城・赤城碑・中原高句麗碑

韓国古代山城ツアーの備忘録・後編です。前編はこちら。 【韓国古代山城ツアー2018前編】井北洞土城・父母山城・三年山城・姑母山城 忠州弾琴台土城 三日目。 この日は、ホテルの朝食ビュッフェでスタート。チェックアウト後、忠州に向かいました。 最初に訪れたのは、弾琴台土城。ここは古代の城であり、1592年4月28日、小西行長率いる日本軍と申砬(シンリプ)率いる朝鮮軍が激戦を繰り広げた古戦場でもあります […]

【韓国古代山城ツアー2018前編】井北洞土城・父母山城・三年山城・姑母山城

空前の城ブームと言われる昨今。 これまで、戦国時代から江戸時代初頭にかけて築かれた城が注目を集めてきましたが、近年、一部の城マニアの間で、古代の城や幕末の城が注目され始めています。 2年前から、古代山城オフ会と称して、朝鮮式山城・神籠石式山城を見学する城めぐりツアーを行なってきました。これまでに、大廻小廻山城・鬼ノ城(岡山県)、讃岐城山城・屋嶋城(香川県)、基肄城・大野城・水城(福岡県)、播磨城山 […]

【2018年最新版】西生浦倭城へのアクセス方法

「海雲台市外バスターミナルと鎮下(西生浦倭城麓のバス停)を結ぶバスが復活してるかも」という噂を聞き、その真偽を確かめるべく、西生浦倭城に行ってきました。 韓国のバス事情 韓国は、日本に比べ鉄道が少ないですが、その分バス網が発達しています。ただし、ダイヤ改正、路線の変更がたびたび行われるため、一年前の情報では役に立たないということが少なくありません。そのため、常に最新情報を知っておく必要があります。 […]

大伽耶の王都・高霊の主山城の築城主体は大伽耶?新羅?

慶尚北道高霊郡の主山城を訪ねました。城歩きの前に、まずは大伽耶博物館へ。この日は特別展「高霊の瓦」開催中でした。 ▲高霊の山城の瓦片(大伽耶博物館) 常設展では、大伽耶に関する展示を中心に古代から近代までの高霊の歴史を学ぶことができます。大伽耶のいろんなものが日本の遺跡で見つかり、倭のいろんなものが高霊の遺跡で見つかっているようです。もっとも印象に残ったのが、高霊の池山洞古墳群で見つかった夜光貝の […]

安羅伽耶の王都・咸安の城山山城の築城主体が新羅だった件

▲城山山城遠望 城ガール隊のOgiさんと一緒に慶尚南道咸安郡の城山山城を訪ねました。城山山城は周長1400mの石築山城で、大量の木簡が出土した城として知られています。 慶南咸安の城山山城などは当初は安羅国の王宮とそれを守る城だと思われていたが、一九九一年からの発掘調査の結果、大量の木簡が出土し、六世紀に新羅がこの地域に進出した時、支配拠点として築いた城とわかった好例である。城山山城では新羅の城壁工 […]

高句麗山城ツアー②五女山城と丸都山城と国内城

高句麗山城ツアー3日目、4日目、5日目は、ユネスコ世界遺産「高句麗前期の都城と古墳」を構成する3つの城を訪ねました。 五女山城 ▲五女山城遠望 五女山城は周長2.6kmの城で、高句麗最初の都・卒本は、この五女山城といわれています。韓国時代劇ドラマ『朱蒙』『太王四神記』『広開土大王』の舞台でもあります。 山麓には大きな駐車場があり、トイレも清潔、それに博物館まであります。五女山博物館には、五女山とそ […]

高句麗山城ツアー①大黒山城と呉姑山城と荘河城山山城

ゴールデンウィークを利用して、中国東北部に残る高句麗山城を訪ねる「中国東北山城めぐり」ツアーに参加しました。中国で城めぐりをするのも高句麗山城を見学するのも初体験!この貴重な体験を記憶が鮮明なうちに備忘録として残しておこうと思います。 大黒山城 ▲大黒山遠望 一日目。大連周水子国際空港に到着後、専用車に乗って大連市金州区の大黒山城へ。 大黒山城は周長5000mの城で、隋の煬帝や唐の太宗が攻め寄せた […]

半島系タイプ?彦陽邑城で見た矢穴痕

蔚山左兵営城を訪れた翌日、倭城研究家の堀口健弐氏と高橋圭也氏と一緒に彦陽邑城を訪れました。 ▲彦陽邑城復元ジオラマ蔚山博物館2016特別展「蔚山의城郭」展示品) 国内では珍しく平地に正方形に築き上げた城である。三国時代から土で築いた土城はあったが、石によるものは1500年(朝鮮燕山君6年)に初めて築かれた。壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の時に崩壊したものを1617年(朝鮮光海君9年)に再築城した。 城 […]

1 3